家庭用脱毛器の留意点

| 未分類 |

家庭用脱毛器は手軽で便利ですが、いくつかの留意点もあり、把握しておくと良いです。

 
まず、これはカウンセリングなどがなく、自分で細かい調整を行わなければならないことに留意が必要です。出力の調整を行える機種ではいきなり強い出力にせずに、弱い出力から調整を行います。出力が高ければ効果も高くなりますが、自分の肌に合わない出力では火傷や肌荒れを起こす危険性があります。また、光を照射する前後には十分に肌を冷却します。

パソコン07
同一部位への処理も頻繁にやり過ぎないようにします。毛周期に合わせないと効率が悪いという理由もありますが、光の照射で肌がダメージを受けているため、頻繁に行うのは肌トラブルの要因になります。

 
脱毛を行う時期によっても留意することがあります。肌を露出することの少ない冬場であれば強めの出力でも悪影響が出にくいですが、夏場は日焼けによって肌が黒くなっているため、光の吸収量が高くなります。そのため、これを考慮して調整を行います。また、処理を行った後は肌が乾燥した状態になるため保湿が必要ですが、冬場はより乾燥しやすいため、保湿をしっかりするようにします。

 
使用される光は強いため、繰り返し目に入るとダメージが蓄積し、悪影響が出ることも考えられます。そのため、サングラスなどがあると安全です。